前へ
次へ

汚い床をリフォームしたいときの方法

日本住宅の床材としては畳が使われることが多かったです。
しかし最近は掃除のしやすさなどからフローリングにすることが多く、マンションなどでは畳のある和室が一つもないケースもあります。
畳のいい点は交換がしやすいところで、汚れたとしても畳だけを変更するだけで済ませられました。
フローリングは掃除がしやすいメリットがあるものの長く利用しているとへこみが生じたり取れない汚れが付いたりしてきます。
リフォームをしてきれいにしたいと考えるかもしれません。
リフォームをするときにはいくつかの選択肢があり、希望があるときは業者に相談すると良いでしょう。
一般的には今ある床材をすべて剥がして新たに床材を入れる方法が取られます。
ただし工事費用は高くなりがちです。
もっと安く床をきれいにする方法として床の上に床材を貼る方法があります。
元々ある床を活用できるので工事費用を抑えることができます。
ただ床材の腐食が進んでいるときは交換した方が良い時もあります。

Page Top